カワハギ・キス竿穂先

余っていたチタンの穂先を使って、カワハギ竿とキス竿を作ることにしました。

チタン穂先は、以前吉見製作所で購入したものです。以前も一度作ったのですが、まだ使っていません… ただ、作って調子を見た感じから言うと、柔らかすぎというのが本音です。そのため、先端を切り落としてしまい、カワハギ竿は超先調子の竿にすることにしました。

正直言うと、キス竿はおまけです。ワカサギ竿用にかって、穂先だけ使ってしまったグラスがあったので、それに継いだだけです。

継ぎ方は超いい加減で、グラスの先を削りそこにチタンを乗せます。そこからエポキシで固めて、さらに糸巻を巻き、漆で仕上げる算段です。

image

image

途中で糸がなくなり、別の糸で巻いています。

また、教室でナガスクジラの髭をもらいました

image

ナガスクジラの髭の穂先なんて聞いたことないですが、物は試しなので使ってみることにします。

まずはエポキシで二枚を張り合わせておきます。

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)