ひとつテンヤの胴仕上げ

昨日は、釣竿教室の皆さんと忘年会でした。ほとんど初めての方ばかりでしたが、共通の趣味を持つ者同士ですので、会派も弾み、非常に楽しい時間を過ごせました。

来年3月頃には、全員でひとつテンヤに行くことにしたので、それまでにこの竿を仕上げたいと思います。

さて、ひとつテンヤですが、仕上げの生上味の拭き漆を3回終わらせ、さらにコンパウンドで磨きました。

IMG_1398

コンパウンドは、ノンシリコンタイプでないと、この後の工程に影響するので、ちょっと高いですが、3Mのハード1、ハード2を使っています。特にハード2で磨いた後は鏡のようにピカピカになり、とても竹肌がきれいに見えます。写真ではいまいちわかりにくいですが…

ここから、手元の滑り止めを巻きます。藤をまいたり、木綿の糸を巻いたりしますが、私は大量に余っているタコ糸を巻きました。ただ、タコ糸といっても、良くありがちな100円ショップで売っているものではなく、もうちょっと細めのものです。本当は藤と交互にやると格好がいいのですが、ちょっと高いですので、タコ糸オンリーにしました。

このタコ糸を巻いたのちに、瀬〆漆を片脳油で1:1程度に割ったものを塗ります。かなりしみこむので、大量の瀬〆漆が必要になり、ほとんどなくなってしまいました。また買い足さないといけません。

IMG_1399

これが瀬〆漆をしみこませて、乾かした後の状態です。ちょっと色が薄いですね。ここに黒を縫ってもうちょっときれいにしていきますが、まだ中は乾いていないと思いますので、しばらくこのままにしておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)