ひとつテンヤ胴塗り一回目

会社に行く前に、ひとつテンヤの胴塗り一回目を行いました。

梨地漆に生上味をまぜて、片脳油で柔らかくして刷毛塗りします。この柔らかさが微妙で、固すぎてもだめ、やわからすぎてもだめだったりします。

今回は塗っている最中に、何となく刷毛の乗りが悪い感じがしたので、ちょっと固いかも…と思ったのですが、一度塗り始めてしまうと後には引けないので、無理矢理塗ってしまいました。

帰ってみると、やはりちょっとだけ刷毛目が出てしまいました。理由は漆がちょっと固かったのと、厚塗りしすぎたあたりでしょうか・・・ 本当にちょっとのことなので、気にする必要は無いほどなのですし、この後塗り重ねるとわからなくなるでしょう。

IMG_1367

前回の瀬〆で拭きうるしをしたときに比べると、相当良い色になっています。

IMG_1367

IMG_1362

日が経つと色は抜けてくるので、これではまだまだ色が薄いです。さらに塗り重ねて行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)