ちょっとライトなウタセ真鯛竿結果

うたせ真鯛竿のできを見るために、釣りに行ってきました。
いつもの敏栄丸です。

大潮なので、重い錘じゃ無いと飛ばされる可能性があるため、出番は無いかと思っていましたが、トモが取れたのと、釣り場も大山沖まで行ったので、流れが幾分弱いため、早速使ってみました。

おもりは30号で始めましたが、全然流れないのですぐ25号に変えてやってみました。調子はとても良い感じです。
ただ・・・釣れない・・・えさ取りすらいない状況です。

途中オオモンハタが一匹釣れましたが、本命ではないし… おいしいから良いんですけど。周りも全然釣れていません。

何回か場所移動の後、隣で30cmくらいの真鯛があがったとおもったその後、強い引きが…
クンクンクンと鯛特有の引きです。あがってきたのは50cmの真鯛でした。
こりゃ良いポイント入ったかもと思ったのですが、その後が続きません。

結局この日はこれでおしまい。釣果はいまいちで、坊主の人がほとんどだったんじゃないかな・・・

ただ、竿の調子は最高でした。予想通り25号くらいで使うには最高です。
強度的にも50cmの鯛ごときでは全く問題ありません。ひとつだけ改良したいところがあるとすると、リールシートの位置でしょうか。もうちょっと前にあったほうが、安定感がある感じがします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)