カテゴリー別アーカイブ: フナ竿

クリマに向けて

クリマが明後日に迫りました。

ぜひ、3号館E-66の当ブースまでお越しください。

さて、クリマに向けて、作っていたタナゴ竿が完成しました。

P1040258

P1040261

P1040259

P1040260

どれも、1m位の竿です。ほかの竿を作った時の穂先を利用して作っていますので、お手ごろな価格で出そうと思っています。

また、フナ竿も手元が完成しました。以前のブログで書いたように、手元だけ作っていたものです。

P1040255

P1040256

P1040257

これで、1本の竿を4通りの長さで使うことができます。柔らか目の竿なので、釣れたら面白いと思います。

フナ竿、筏竿、ビシアジ竿完成

いろいろたまっていた竿を、仕上げの矯めを行いました。

まずはフナ竿。

IMG_1846

IMG_1845

IMG_1844

3本仕舞いの、7本継です。竿袋も作りました。

替えの手元はまだ塗りの最中なので、そちらが出来たらまたアップしたいと思います。

また、筏竿、ビシアジ竿も完成です。
筏竿はかなり曲がっており、直せるか心配でしたがうまく直せました。

IMG_1848

IMG_1847

穂先が折れそうなので、穂鞘でカバーです。

こちらもフェルールを取り付けて完了です。

IMG_1854

IMG_1853

IMG_1852

IMG_1851

フナ竿

フナ竿の胴塗りを始めました。

IMG_1838

刷毛塗りで2回塗ったところです。

最後にブログにアップしたのは、切り組んだ所だったので、そこから3ヶ月ほどかけて継口の仕上げのところをゆっくり仕上げ、ようやくここまで来ました。

この竿は7本継の12尺と長いので、6本継、5本継、4本継でも使えるようにしようと思い、手元だけ3つ作り始めました。
手元は、へら竿のような形にする予定で、新聞を巻いたのですが、良い形になってくれないので、パテを貼ってしまいました。

IMG_1836

とりあえず2本だけ削ってみましたが、これが思ったより大変かも。もう1本は後日仕上げます。

この後、持ち手の部分を悩んでいます。藤を巻くと格好がいいのですが、3本もあるとかなり高くなってしまうので、凧糸か麻糸で仕上げる方向で考えています。

フナ竿 & カワハギ竿修理

正月早々真鮒竿を買っていただいたので、次の竿を作り始めました。

正直な話、竹を選ぶだけで一苦労です。師匠のところで竹を探しているので、かなりの本数の中から探すことが出来ますが、それでも節がそれなりに合う竹を見つけるのは難しいです。
難しいというより、ぴったり合うのを探すのはほぼ無理なんじゃないかと思います。

それでも、それっぽいのを見繕いました。

IMG_1707

IMG_1716

穂先は削り穂を、穂持ちは高野竹、そこから矢竹で、手元は淡竹です。以前同様3本仕舞になる予定です。7本継で、仕舞寸法は60cm弱(正確に58cm)、継ぐと12尺くらいです。

左の写真は切り組んだところ、右は継ぐ部分をきしゃいだところです。

削り穂はカシューっぽいものが塗ってあるので、剥がして本漆で仕上げたいところですね。

また、修理依頼を受けているカワハギ竿の変わり塗りを研ぎ出しました。

IMG_1717

IMG_1718

左が研ぎ出す前、右が研ぎ出した後です。山が低かったので、まずは1000番の耐水ヤスリで研ぎ出して、それっぽくした後、2000番で仕上げました。

なんだかんだ言って、黒と金の組み合わせは良いですね!

水研ぎしたので、乾くのを待ってから、仕上げに入りたいと思います。